ぽんの日記

京都に住む大学院生です。研究とは関係ないことも気ままに書いていきます。twitter:のゆたの(@noyutano) https://twitter.com/noyutano

某公立大学に資料調査に行った話

研究の都合で、某公立大学の図書館を訪れたときのこと。

見たい資料が近くだとそこにしかなかったのですが、どうも他大学の利用者には管理がうるさいようで、セルフコピーはできないと。代行コピーとなり料金は1枚40円。

国立国会図書館の複写料金も安くはありませんが(A4/B4、1枚25.92円)、それ以上の料金。

 

あと、著作権切れの資料であるにも関わらず、コピーは全体の半分以下と言われました。貴重な資料を外部の人にあまり使ってほしくないのかと思った。

理由を聞いてみると、本自体の著作権が切れていても、たとえば写真などが載っているなどして権利関係が複雑だったりするので、全範囲の複写を原則として認めていないということでした。・・・正直、そんなことあるのかと思ってしまった。

 

全ページをコピーしたい場合は、“前頁複写願”のようなものを所属の図書館から許可を得て提出する必要があるということです。

本学の図書館は嫌な顔するけど、経済図書館なら許可出してくれるかも、みたいなことも言ってました。