ぽんの日記

京都に住む大学院生です。twitter:のゆたの(@noyutano) https://twitter.com/noyutano

監督官 地域差

前回、前々回と監督署の職員数について見てきました。最後に(「最後に」というのはいったん一区切りという意味で、粗い部分が多々あるのは承知しているわけですが)地域別の様相を確認したいと思います。

地域別と言いますか、大規模署と小規模・零細署で大きく実態が違うはずだという話ですね。

 

kynari.hatenablog.com

kynari.hatenablog.com

続きを読む

監督官 予算定員

監督官は何人いるのか問題を、当ブログでは何度か取り上げてきました。今回は監督官以外の職員も取り上げていますが、タイトルのことは気にしない。

国の予算データを使って年次推移を確認したのが、新しいとこになります。

続きを読む

京アニ特集上映 鑑賞記録

贅沢な時間だった。またとなく楽しませてもらった。途中からは耽溺していたと言っていい。これはその記録である。

 

・全体で10万字以上ある。あえて分割はしなかった。継続的に鑑賞し続けられたこと自体に一つ意味があったと思う。連関天則だ。

・てか、自分でも長いと思うので、読むなら「小括」以降の箇所を先にすべきかもしれない。

・作品レビューの記事ではない。私がどんな風に鑑賞して楽しんだかの記録である。

・ネタバレには何の容赦もしていないし、逆に作品の説明やあらすじ、登場人物紹介もしていないので、未見の人が読んでも解らない部分が多かろうと思う。「おすすめ作品が知りたい」というような人は、別のとこに行ってくれ。

・言うまでもなく、私個人の主観的な感想に溢れている。作品理解の仕方が間違っているとか言われても知らん。

・『けいおん!』と『Free!』はなんか……あらかじめ詫びておく。ごめん。

・足かけ4か月という期間。書く熱量が変化している。『境界の彼方』あたりからテンションが化ける。

 

 

2019年8月16日

京都アニメーション映画作品 特集上映について

この度、松竹と松竹マルチプレックスシアターズは、京都アニメーションの皆様が生み出した数多くの素晴らしい作品を映画館の大スクリーンでお客様に観ていただく機会を作りたいと考え、MOVIX京都にて京都アニメーション映画作品の特集上映を企画いたしました。

京都アニメーション映画作品 特集上映について | MOVIX京都

 

 

 

続きを読む

アニメ『氷菓』とブラック企業

ブラック企業という言葉がアニメ『氷菓』に登場するよ、という小ネタ。

ブラック企業が実際に登場するというわけではなく、セリフとして出てくるわけでもない。「ブラック企業」という文字が映りこんでいる、と言えばいいか。

続きを読む

劇場アニメ『ぼくらの七日間戦争』

観終わった後、カタルシスよりもむしろ闇が強い。病んでるのか。病んでるのは作品ではなく私か。

でもむしろノベライズを買おうかという気にもなったよ。

(ネタバレあり)

7dayswar.jp

続きを読む

業務上過失と労働安全衛生法

前回の記事で、人身事故に至るような事案では、警察は労働安全衛生法ではなく、業務上過失致死傷の容疑で捜査をすることが多いと書きました。

その続きです。

 

kynari.hatenablog.com

続きを読む